相談室の感染対応(R2/11/30現在)赤字:追加項目

 

​ 今までで一番の規模と規模で感染が拡大しています。  

   マスク・手洗い・うがいを徹底すること

   自分の飛沫をとばさないこと

   どこかで手に付着したウィルスを自分の口・鼻・目の粘膜につけないこと

   不特定多数の集団で閉鎖されないこと 

 それだけのことで身を守れます。感染リスクの高い場所は避けるか、十分な感染予防対策を心がけて、ご自分とご家族そして隣人の健康をお守りください。

  • 密集に対して:来室者が重ならないよう予約時間をあける。来室はお母様と授乳中の赤ちゃん、同胞のお子様は可能な限り自宅待機をおすすめします。

  • 密閉に対して:基本的には常時2方向の窓を開けて通風

  • 密接に対して:マスクを装着。不必要な会話はしない

  • 湿度に対して:通常はマッサージ用のお湯で足りますが、換気しているため、2方向の通風場所へ加湿器を増加しました(加湿水は紫外線殺菌と天然抗菌成分で清潔です)(冬季乾燥中のみ)

  • お母様は来室時手指消毒、マスクの着用、退室時に手指消毒、ペーパータオル使用

  • マッサージ中にお母様以外のもの(電話・ペンなど)を触れた場合は、その都度アルコール手指消毒

  • マッサージ中に電話で話す場合、席を離れた場所で会話する

  • ドアノブ、蛇口、トイレ、カウンター、ベッドおよび接触可能性のある部分は、お母様ごとに次亜塩素酸水で消毒

  • ベッドは使い捨てシーツ使用(夏場は蒸れるので、消毒)

  • ​赤ちゃんには、その都度清潔なタオルを使用

  • 施術者の日常行動について:外出自粛を持続中

  • 施術者の防護具について:マスク、乳汁飛散防止の眼鏡と予防衣コロナウィルスは母乳中には通常存在していない、というのが基本的な見方のようです。が、一応体液ですので、予防衣はお一人ごとに交換。)

  • アース製薬社の「ウィルス破壊」「抗菌」「防ダニ」の敷きラグです。

  • 営業終了後、紫外線灯で部屋・ベッド・物品を​殺菌。